教育・目標

  • 訪問看護室
  • NOMI connect

教育

学習と成長の視点

看護の専門性を活かした信頼される看護実践を行います

  • ラダー教育の目標を明確にし、役割、責任感がもてる人材育成
  • 患者の思いに寄り添い気づきのある看護師の育成・専門能力の向上を図り認定看護師の育成と専門看護師外来の実現

ラダー教育

目標

顧客の視点

良質な医療の提供を目指し患者満足の向上を図ります

  • ラウンドカンファレンスの実施及びマニュアルの作成
  • ICの充実を図り患者参加型看護計画の更なる実践
  • インシデント・アクシデント報告から回避に向けた対策の共有

財務の視点

チーム医療を推進し組織力の強化を図ります

  • 時間外労働時間の削減・ノー残業デイの導入及び業務分担の見直し
  • 医師・薬剤師・コメディカルとの連携を図り業務分担の明確化
  • 看護補助者との連携を密に業務内容と役割分担の見直し

内部プロセスの視点

やりがい感・達成感が持てる職場環境作りを行います

  • ボトムアップ型業務改善の実施
  • 多様な勤務形態導入後の評価改善
  • フィッシュ活動の展開

ワーク・ライフバランスの取り組み

働きやすい職場作りに取り組んでいきます



当院看護部では、平成22年度より働きやすい職場作りに取り組み、育児短時間正職員制度や多様な勤務形態導入を行ってきました。平成23年度には、石川県看護職の多様な勤務形態導入促進事業に参加し取り組みました。平成25年3月10日には、石川県看護職の多様な勤務形態導入促進事業の報告会に参加しました。当院から、内科系病棟の12時間夜勤、外科系病棟の夜勤専従勤務、スタッフが作る勤務表について取り組んできたこと、現状と今後の課題について発表しました。成果もあれば、あらたな課題も見えましたが、今後も取り組みを続けていきます。働きやすい職場で、やりがいを持って働き続けられることが、患者さんへの安心と安全な看護の提供にもつながります。今後も地域に根ざした病院として、思いやりのあるあたたかい心で質の高い医療サービスを提供し地域住民の方々の健康を守る努力を続けていきます。